MENU

国民年金の支払い免除手続きって?そもそも免除できるの?

今回は、国民年金の支払い免除手続きについてお伝えします。

私自身、無職だった期間の年金の支払い免除申請をしたことがあるので、実際にどのように手続きが進むのか、また免除ができたのか、実体験をもとに書いていきます。

目次

無職の時の年金の支払いって?

会社に勤めているときは基本的に厚生年金が給料から天引きされますが、退職後は国民年金に切り替わり、送られてくる納付書を使って自分で年金を納付する形になります。

貯蓄があればいいですが、無収入の時期に月2万円以上の年金を支払い続けるのはなかなか厳しいですよね。

国民年金は免除できるの?

無職で収入がない、もしくは職についていても収入が少ない場合は年金の支払い免除が適用されます。

また、免除にもいくつか種類があり、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類があります。

基準となる所得額は以下の通り。

国民年金免除の基準となる所得額一覧

※前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること。

全額免除

(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

4分の3免除

78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

半額免除

118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

4分の1免除

158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

目安としては、年収150万円以下程度が免除の対象になります。

もらえる年金額は?

国民年金の免除対象になった場合、将来もらえる金額は、

全額納付した場合に比べると下がってしまいます。

ですが、免除が適応になっても、10年以内に免除分を追納すれば、将来のもらえる額を満額に近づけることができるそうです。

手続きの方法

手続きの方法は、

必要書類を用意し、最寄りの年金機構の事務所もしくは市区町村の役所の年金窓口に提出する こと。

郵送でもOKです。

手続きに必要書類

失業理由によって異なりますが、自己都合で会社を退職した場合は以下の3点が必要になります。

・国民年金保険料の免除・納付猶予申請書類

https://www.nenkin.go.jp/service/pamphlet/seido-shikumi.html#cms0304

・年金手帳 または 基礎年金番号通知書

郵送で提出する場合は氏名の記載されたページのコピーでOKです。

・雇用保険受給資格者証の写し または 雇用保険被保険者離職票等の写し

提出後の流れ

役所の年金課に郵送で提出をしたのですが、数日後に年金課の方から申請内容の確認の電話がありました。

全員に連絡しているかは不明ですが、申請から適用まで時間がかかるようなので、申請の結果を事前に電話で知らせてくれているかもしれないですね。

また、離職票に不備がある場合、勤めていた会社に訂正してもらうことになるかもしれないので、離職票を受け取った際はすぐに退職日付や氏名などに誤りがないか確認することをおすすめします。

国民年金は免除できたの?

結論から言うと、できませんでした。

免除にならなかった理由は?

私は実家暮らしで、両親と暮らしているのですが、世帯主(父)に所得があるため、免除はできませんでした。

世帯主に関しても、免除となる所得の基準は本人と同じのようで、『世帯主様の年収が150万円以下くらいであれば免除ができますが』という案内をされました。

150万円は、会社員などで普通に働いていたら超えてしまう金額なので、実家暮らしで世帯主の方が働いている場合、免除は難しいと思います。

また私は父の扶養からは外れていますが、扶養家族であるか否かは関係ないそうです。

ちなみに私単体ではあれば、無職期間なので全額免除が可能でした。

もし一人暮らしをしていれば、私が世帯主なので、両親に所得があっても免除が可能だったということですね。

まとめ

国民年金は、

・年収が150万円以下程度であれば免除ができる。

・無職で収入が0円なら全額免除となる。

・家族と同居していて、世帯主に収入がある場合は本人の収入に関係なく免除は不可能。

ちなみに、免除ができなくても、支払いを待ってもらえる支払猶予の制度もあります。

追記:支払猶予申請の結果

免除の代わりに支払猶予申請をしたのですが、猶予申請が通りました。

5月末に申請し、7月末に通知のハガキが届きました。

また、猶予できる期間は10年間で、10年を過ぎても追納しなかった場合は、猶予した期間は未納とカウントされ、その分将来受け取れる金額は下がってしまうそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

インテリアが好きすぎて大学で建築を学び始めたインテリアプランナー見習いです。お部屋作りの参考になれたら嬉しいです!

目次
閉じる